プログラミングスクール比較

プログラミングに関する情報サイトです。副業,稼ぎ方,学習方法,スクール等

プログラミング 学習

スマホ アプリ プログラミング 言語

投稿日:2020年11月24日 更新日:

今の時代日本人の大半がスマホを持つ時代。
需要なども考えて、これからスマホ アプリをプログラミングしたいと
いう方は多いのではないでしようか。

 

スマホアプリ開発といっても、使うプログラミング言語や
フレームワークが数多くあり
プログラミング初学の人には
分かりにくいかと思います。

そこで今回は、スマホアプリ開発に使うプログラミング言語や
フレームワークの種類を分類して、簡単に
概要を紹介しておきます。

 

 

スマホ アプリの種類

アプリの種類から、アプリはweb上のブラウザで動くものと、スマホに
インストールして動くもの
があります。

 

  • Webアプリ
  • ネイティブアプリ(ネット環境不要)
  • ハイブリッドアプリ(ネット環境必要)

 

Webアプリはインストール不要でそのまま
ブラウザで動くもの。

どちらかというと、ネイティブアプリやハイブリッドアプリが
しっかりとしたスマホアプリ
といった感じのものです。

 

まずは、これらアプリの開発で使用される
「プログラミング言語」と「ツールやフレームワーク」を
別けて解説していきます。

 

スマホ アプリが作れるプログラミング 言語

 

以下がスマホアプリで使うプログラミング言語、習得するのに
かなりの期間がかかるので慎重に学習するものを
選択したほうがいい
です。

独学や自分一人でプログラミングスクールを選択した
場合、自分の進みたい目標と合っていない言語を
選択してしまう場合があります。

プログラミングスクールに通う場合は入学時に、将来の
目標などを相談して、言語の選択をしたほうがいいです。

 

  • C#
  • JavaScript
  • Java
  • Objective-C
  • Swift
  • Kotlin
  • Boo

 

スマホ アプリ ツール フレームワークと開発環境

開発ツールがあり、それを駆使して
スマホアプリを開発していくという形です。

 

()内は使う言語

google、Appleのオフィシャルが提供

 

Android Studio(Java,Kotlin)

 

Xcode(Objective-C,Swift)

 

 

 

クロスプラットフォームのフレームワーク

 

iOSとAndroid両方が同時に作れるのが
クロスプラットフォームの開発環境です。
今のところは言語はJavaScriptがほとんど

 

普通のアプリ向け

()内は使う言語

Xamarin.Form(C#)

 

React Native(JavaScript)

 

Vue Native(JavaScript)

 

NativeScript(JavaScript,TypeScript)

 

Weex(JavaScript)

 

Visual studio はC++を使い
iOSとAndroid両方が同時開発できるよう。

Xamarin.FormはC#+XAMLですが、html+JavaScriptも
比較的簡単に表示できますので、ページの移行などを
C#+XAMLで書いて、メインコンテンツをhtml+JavaScriptで
行うということもできます。
visual studioが使い勝手がいいのでJavaScriptしか出来ない
という開発の場合も検討してみる価値はあると思います。

ゲーム関連のスマホアプリ

Unity(最近版は C#のみサポート)

CoCos2d関連 (Python,C++,C#,Go,Java,JavaScript,Objective-C)

 

 

WEBプラットフォーム

フレームワークを導入するよりは
楽にスマホアプリが開発できます。
ただし多機能は有料である所が多い。

すぐにスマホアプリが開発したくて
学習コストを低く抑えたい方は一度検討してみてもいいかと思います。

 

  • Monaca(日本製)
  • PhoneGap
  • Titanium
  • AppGyber
  • AppDeck
  • Applican
  • Ionic

 

スマホアプリを作るプログラミング言語はどれがいい?

 

結局スマホアプリを作るプログラミング言語は
どれを覚えるのがおすすめなのよ?
という方もいるのではないでしょうか。

 

ゲーム以外のスマホアプリ

就職なども考えているのであれば、javaがおすすめ
開発はandroidのスマホアプリ一択になりますが、javaは
求人募集する会社が多いので、就職する際には強いです。

 

それとほとんどの人は登録料の面からアプリ開発の初めの段階は
androidのスマホアプリしか登録
することはないと思います。
というのも

androidアプリはGoogle Playデベロッパーアカウントが
初回のみ登録料の$25.00

iOSアプリはDeveloper Programの費用は
1年で11,800円 毎年かかります

なのでandroidアプリで稼ぎ始めてからiOSアプリに登録する
ことになるかと思います。
特別iosに思い入れがない場合、Javaを覚えるのを
考えてもいいかと思います。

 

個人でスマホアプリ開発するなら
クロスプラットホームの開発が出来るC#かjavascript
おすすめ出来ます。
ユーザーの入り口が増えるというのは大きいかと。


javascriptの場合webアプリもある程度は、そのまま
出来るので
ユーザーにサイトで簡単に体験してもらう事が出来ます。
スマホにインストールが面倒と思うユーザも取り込める可能性もあり。
javaやswiftでどちらかを開発して、売り上げがよければ
他のプラットホームへの開発を委託するという方法もあります。

 

ゲーム系のスマホアプリ

こちらは、普通のスマホアプリと比べるとおすすめ
出来る言語がわかりやすい。
ゲーム系に関しての言語は、c#がなんといっても一番でしょう。
ゲーム系のフレームワークはすべてc#に対応しています。

 

ゲーム系での開発ツールで一番人気は
unity
で、スマホアプリ以外のコンシューマーゲームなどの
開発にも対応しています。

 

unityの最新版では言語のサポートがc#のみ
となっています。
開発はまだ別の言語でも出来ますが、じきに
終了となる可能性もありです。

 

 

-プログラミング 学習
-, , , ,

記事
プログラミング スクール 退職後おすすめ

退職してからじっくりと学べるおすすめな プログラミング スクールを 紹介しています。 退職した場合は…

プログラミング 写経(模写)は時間の無駄かもしれないが上達する

プログラミング初心者の方は何からはじめていいのか わからないということで、とりあえずあまり考えずに …

プログラミング学習 挫折 対策

プログラミング 学習でのモチベーションの保ち方 を学習した際のことを考えていろいろと書いてみました。…

プログラミング 儲かる方法

プログラミング 副業 フリーランスでの 案件で稼ぐのではなく、趣味で儲ける方法を記載しています。 ア…